NSM Blog

プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その8

深夜なので昨日になってしまいましたが、シトラスカレッジでの最終日でした。

NSMは午後から審査員にマイケルジャクソンやプリンスが愛した歌姫であるジュディス・ヒル氏、名プロデューサーであるバリースクワイア氏を招いてのオーディションが開催されました。

雰囲気はアメリカの人気番組、アメリカズ・ゴット・タレントのようです。

結果はどうであれ、僕は彼達がこの研修でめちゃくちゃ成長したことがわかります。

恐らく、この映像を見ている日本の講師の皆さんも同様でしょう。

僕は学生達全員を褒めてやりたいと思います。

我々がランダムに組んだバンドなので、正直意思の疎通など難しかったことなども多々あったと思います。

しかし、彼達はアメリカに入ってからも献身的に努力して、彼達が出しうる最高の結果を出したと思います。

なので、僕の中では全員が勝者です。

彼達がプロを目指す上でこのアメリカでの経験は必ず10数年後に笑って語れるエピソードになるはず。

その初心を忘れてほしくないので、この動画は大切に保管しておいて、10数年後プロになったときに皆でもう一度見てほしいです。

ということで、なんとか動画アップ完了したので、先生は寝ます〜(^_^;)

教務部長の西本がお届けしました。