NSM Blog

ライブレポート!!

こんにちは!
教務部 日比野です。

本日はライブレポートです。
僕のライブではありません。

昨日行われました本校ドラム講師「榎本 吉高先生」のドラマー35周年記念ライブにお邪魔させていただきました。

~榎本先生プロフィール~
13歳からドラムを始め、大学進学後19歳の時にアメリカ・ロサンゼルスへ渡り、Musicians Instituteでドラムを学ぶ。
大学卒業後上京し、松岡直也、E.G.Q、Tina、加藤景子Quintet、和田アキラTwenty Six、永井敏己セッション、
その他TV、CM、Recording、Session、Tourなど様々な活動を行う。
神保彰氏の推薦により、95年からヤマハドラム&ジルジャンシンバルのモニタードラマーとしてドラムクリニックや
デモンストレーションを日本各地で行い、また自己のドラム教則DVDを4本出版している。
インストミュージックを得意とするが、それに限らずROCK、FUNK、POP、LATIN、JAZZ、CLASSIC、演歌等
ジャンルに捉われることなくオールラウンドに活動。
故郷である三重県桑名市にプライベートスタジオを建設、後進の指導にも力を注いでいる。

ライブジャンルは「フュージョン」といわれるジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルでした。
フュージョンの曲の多くがボーカル無しのインストゥルメンタルであることも大きな特徴で、それぞれの楽器のソロも楽しめる内容でした。

ブログを観てくれている高校生の皆さんにはなかなか馴染みがないジャンルかもしれませんが、楽器で仕事をしたいという方々は
一度聴いてみるのも良いですね。
というよりはジャンル問わずさまざまな音楽を聴いてほしいなと思います。


夢や目標は他ジャンルや他業種からヒントがもらえる事が多いです。
本校のダンスコース必修ミュージカル「Hospital Of Miracle」もそうですがダンスコースだけど歌や演技を勉強する事によって、
デビューへの道がさらに広がっていますし、PAエンジニアや照明を軸にしながらバンド活動をしている人もいます。
ですので今からでも多くの事に好奇心をもってほしいなと思います。

在校生も観に来ていましたので一緒に。

本校にはさまざまなタイプやジャンルの先生が曜日別でレッスンしていただいております。
榎本先生はとても繊細でキレイでスリリングなドラミング。
そんな榎本先生のドラム体験レッスンを受けたい方は
■5/20(日)NSMにお越し下さい。
ご予約はこちら→info@nsm.ac.jp

お待ちしております。

教務部 日比野でした。