blog

演劇稽古場レポート その4

みなさん、こんにちは
アクターワールド担当の下雅意です。

夏休みに入り、9月の本番に向けた
オリジナル演劇公演の稽古は、
週3~4日のペースで行われています。

昨日は学校から場所を移し、名古屋の稲葉地にある
演劇練習館アクテノンで稽古しました。

Img_8672

稽古に向けて、まずは学生たちで準備スタート

本番のステージをイメージして「大黒幕」を吊ります。
みんなの協力が必要なんですよ

Img_8677_2

本番を行う港文化小劇場の舞台図面をもとにして
ステージの実寸をとりました

メジャーで奥行きと間口の長さを測り、ビニールテープで
バミって(目印をつけて)いきます。

Img_8688_2

黒いパネルに人形(支えになる足)を釘で打ち付け
袖幕の代わりにしました。

そうすることにより、本番を想定した舞台の出ハケも稽古
できますので、重要な作業の一つなんです

Img_8683

稽古中は自分たちでBGM効果音を出すため
会館スタッフから音響機材の使い方も教わりましたよ。

Img_8690

今回の稽古内容は、大人数が出演するシーンや、立ち回り
ダンスなど、普段の学校の教室と違った広い場所ならではの
シーンが中心。

どことなく、いつもの稽古よりも学生たちがノビノビと動いて
いたように感じました。

その姿はまるで水を得た魚のよう

Img_8726

Img_8768_2

Img_8757

今回は初めての外稽古ということで、稽古よりも準備の
作業に時間を費やしてしまいました

次回の外稽古では「パンチマット」を敷くなど、本番の
舞台とほぼ同じ状態を作る作業をする予定です

舞台づくりなどの「仕込み」や、終わった後の片づけ等の
「バラシ」も役者の仕事のひとつ。

少しづつ覚えていって欲しいものです