blog

「芸術の秋」の予定を考えてみた。

10月に入り、だいぶ秋めいた気候になってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
教務事務の加藤です。

夏のあいだは呼んでも絶対膝に乗ってこないうちの猫さんが、今は呼びもしないのに膝に乗ってくるのを見ると、「あ、夏終わったな。」と感じます。

最近、私には悲しいことが立て続けに起こりました。

①「ルーブル美術館展」に行きそびれた。
②「藤田嗣治展」に行きそびれた。(フジタ人形も買えなかった)
③名古屋ボストン美術館が閉館した。

③の名古屋ボストン美術館は昨年「パリジェンヌ展」へ行ったのが最後でした・・・

昔から行っていた美術館だけにさみしいです。

①と②は完全に私のスケジュール管理能力の低さが招いた結果です。

行きそびれないように、ここで今後行きたい展覧会を載せておこうと思います!!

★「フェルメール展」@上野の森美術館
2018年10月5日~2019年2月3日

★「ムンク展」@東京都美術館
2018年10月27日~2019年1月20日

★「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」@国立新美術館
2018年9月26日~2018年12月17日

★「クリムト展」@東京都美術館
2019年4月23日~2019年7月10日

芸術の秋、これらの展覧会を楽しみたいと思います。(クリムトは来春ですが・・・)

あと、私的に展覧会で楽しみなのが、グッズです。

特に楽しみなのが「ムンク展」。
どんなグッズが販売されるでしょうか。
変わったものを見つけたらブログで紹介しますね!

↓ムンク消しゴムとか暗闇で光るムンクの顔シールとか売ってないかな