NSM Blog

学生サマー献血キャンペーン2019 にアニソンゼミが参加!

昨日2019-08-18にアニソンゼミの学生達が「学生サマー献血キャンペーン2019」 8月18日(日)名古屋港水族館JETTY前広場に参加しました。

本校では社会貢献活動に力を入れていますが、本件も若年層の献血協力が減少している中、学生が中心となって献血協力を行うというイベントに賛同して参加しました。

毎年のように参加しているイベントですが、このステージを使って実践力を養うという教育的目的も含んでいます。

今回はアニソンゼミということもあり、みんなの知っているアニソンも披露しましたが、本校の作曲系コースとコラボして作ったオリジナル曲も披露する初の試みでした。

先日はアニソンライブ@RAD HALLを行いました。

詳しくは↓

アニソンライブ@RAD HALL

ライブハウスとの違いは屋外だということです。

この日は最高気温が33度ととても暑い日でした。

日陰が無いというステージでのパフォーマンスは物凄く体力を消耗します。

学内やライブハウスでの実習もとても大切ですが、このような夏の野外ステージを体験させているというのは、プロになったときのリアルはこういうシュチュエーションでのパフォーマンスだからです。

この時期人気の野外フェスティバルではプロは彼らの何倍もの長さのステージを行います。

気温という面以外も屋外は音が風で流れてしまいます。

屋内よりも自分の声やカラオケトラックを聞くモニター環境も過酷になります。

このような実践で彼達はモニターに頼らず体感で音程をしっかりと歌うという基本スキルの大切さも痛感したことと思います。

そして一見さまが対象のこのようなステージイベントでは内輪ノリが無理。

パフォーマンスもさることながら、MCの力が試されます。

お客様というのは決して歌やパフォーマンスだけで足を止めて聞くわけではなく、お客さんを楽しませるトークというのも本当に大切。

プロを養成する我々はショー全体を構成する力をつけさせたいと思っています。

特にMCというのは軽視されがちですが、プロを目指す上でかなり大きく必要な能力です。

初めての屋外での発表だった学生もいると思いますが、このプロジェクトを通して絶対的な基礎力の大切さ、実戦経験の大切さを学んだことだと思います。

 

今回はマネージャーコースの3名は運営でサポートしてくれました。

ただアーティストを発表させるだけではなく、マネージャーの子たちの実践力の養成にも今回のイベントは一役買ってくれたと思います。

本当に暑くて大変なシチュエーションでしたが、私はマネージャー志望の子たちに「プロで仕事はじめると夏場はフェスとかの参加で毎日こんな調子だよ。だから辛いという経験をたくさんしておくことも勉強」そんな話もしました。

マネージャーの学生はステージで2019年 骨髄移植推進キャンペーン Hospital Of Miracleの告知も行ってくれました。https://www.nsm-hospitalofmiracle.com/

このように学生達が率先して動いてくれる姿を見て本当に成長したなと嬉しくなりました。

暑い中で観覧いただいた親御様、お客様、本当にありがとうございました。

 

教務部長の西本がお届けしました。