音楽業界への道【名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校/NSM】

講師紹介

榎本 吉高先生

ドラム

13歳からドラムを始め、大学進学後19歳の時にアメリカ・ロサンゼルスへ渡り、Musicians Instituteでドラムを学ぶ。 大学卒業後上京し、松岡直也、E.G.Q、Tina、加藤景子Quintet、和田アキラTwenty Six、永井敏己セッション、その他TV、CM、Recording、Session、Tourなど様々な活動を行う。
神保彰氏の推薦により、95年からヤマハドラム&ジルジャンシンバルのモニタードラマーとしてドラムクリニックやデモンストレーションを日本各地で行い、また自己のドラム教則DVDを4本出版している。
インストミュージックを得意とするが、それに限らずROCK、FUNK、POP、LATIN、JAZZ、CLASSIC、演歌等ジャンルに捉われることなくオールラウンドに活動。
故郷である三重県桑名市にプライベートスタジオを建設、後進の指導にも力を注いでいる。