blog

1年後の自分を想像して…

こんにちは!

高等課程教務部の野田です
さてさて4月ももう終わり。
今年度が始まって1ヶ月が経ちましたね。
早すぎてびっくりしています…
授業開始までもう少し時間がありますので、今日は目標設定について書きたいなと思います。
1年生のみなさんは、
入学してからカリキュラムアンケート、入学式レポート、ミッションステートメント、3年後の自分への手紙などさまざまな場面で自分の夢を書いてくれたと思います。
2年生のみなさんも1年前に書いたのを覚えていますでしょうか?
「3年後の自分への手紙」は、みなさんが卒業する時に返す予定です
NSMに入学してくれるみなさんが
素晴らしいなと思うことのひとつが、
「好きなことや夢がある」という事です。
これはとても幸せなことだと思います。
そしてそれを応援してくれる方が周りにいたから入学してきてくれたのだと思いますが、それもまた、幸せなことだと思います
この学校にいると、将来の夢について日頃からたくさん聞かれると思います。
卒業まできっとさまざまな場面で何度も聞かれます。
たくさん聞かれるうちに逆にだんだんわからなくなる人もいると思います。笑
でもわからなくなっても大丈夫です。
わからなくなった後に、たくさん考えて見つけた夢ほど強い夢になったりするので、夢がわからなくなった人もある意味ラッキーかもしれません
そんな時は深く考えずに自分が楽しいことやりたいこと、やりたいかはわからないこと、やりたくないけどやった方がいいかもしれないこと、何でもやってみましょう。やっているうちにまた見つかります
さてさて。
4月も、はや1ヶ月経ったと考えると1年は意外とあっという間に過ぎていきます。
でも1年1年大切に過ごしたら、卒業の2年後、3年後、4年後には、どんな自分にもなることができる、そんな期間でもあります。
そこで是非みなさんは、まず1年後、進級する時に自分はどうなっていたいか。
授業開始までにもう一度是非考えてみて下さい
2年生は個人面談で少しお話した人もいますが、、
目標を達成しやすくなる考え方として「SMARTの法則」というものがあります。
S・M・A・R・Tの5つのポイントに沿って
目標を立ててみるというものです。

S Specific 具体的であるか

達成したいことをできるだけ具体的にしましょう。

目標が具体的であるほど、そのために必要なことが見つけやすくなります。

 

M Measurable 測定可能であるか

達成したか、達成していないかわかった方がいいです。

例えば、インスタグラムのフォロワーを増やすという目標は、どのくらい増えたら達成したことになるのかわかりません。

フォロワー2000人を目指すなど、数字で目標をたてた方が自分がどのくらい目標に向けて進んでいるのか振り返りがしやすくなります。

 

A Achievable 達成可能か

目標が本当に達成できるものであるかということです。

目標設定が高すぎると途中で諦めてしまう可能性が高くなるし、低すぎる目標はモチベーションが上がりにくくなります。

自分が頑張ったら達成できることがしっかりイメージできる目標が良いです。

 

R Related 関連性があるか

この目標が夢と関係があることが大切です。

目標はスタート(今の自分)からゴール(夢)までを決めて、達成できるように行動していくためのものです。

 

T Time 時間の制約があるか

いつか~になりたいという目標は達成しにくく、

いついつまでに~すると期限をつけることで、実際の行動に移しやすくなります。

 

 

特に大切なのは

S 具体的

M 測定可能

T 時間制約があることです。

 

 

ぜひ皆さん今の夢に対して、

今年1年の目標を考えてみて下さい

今年もみなさんの夢の実現に向けて
一緒にサポートしてきたいなと思います
教務部の野田がお届けしました。
NewExperience
  • blog
Close
  • blog