blog

ノマドワーク

誕生日おめでとう、桜井和寿さん!

ミスチル結成が1989年。

私の誕生年が1988年と、昭和の最後の年に命を授かった同志であります。

どうも。【昭和最後の青い稲妻】こと、教務の大谷です。

 

今日はPAのお話を少し。

 

皆さんは、ノマドワーカーと言う言葉をご存じでしょうか。

ノートパソコンやスマホを駆使して、オフィスに常駐せずに様々な場所で仕事をする人をさす言葉です。

ノマド=放牧民ですから、広義ではSound Engineerもノマドワーカーなのではないかと思います。

と言うのも、PA屋の仕事は、音響機材を運搬し、あらゆる場所へ出向き、設置し、音を鳴らし、片づけて、また次の町へ向かう。

そう、完璧にノマド。

 

勿論、そうでないPAの仕事もあります。

◆文化会館の音響さん

◆結婚式場の音響さん

◆ホテルの宴会場の音響さん

◆ライブハウスの音響さん

旅をせず、その場所で音を鳴らし続ける職人たちです。

 

漠然とPA屋になりたいという方々は、この辺りも調べてみると面白いと思います。

業種は同じでも働き方がまるで異なります。

 

 

私は音響歴14年と、まだまだ青いまま(文頭の青い稲妻はここに掛かっている!)キャリアを離れたのですが、それでも様々なPA仕事をさせて頂きました。

後半5年程はノマド生活で、ほぼ毎日移動を繰り返していました。

オフィスどころか、2ヶ月家に帰ってない事もありました。(それでも家賃は落とされます。笑)

睡眠時間が1週間で20時間しかとれない時もありました。

雨の日も風の日も待って下さっているお客さんのもとへ。

(ライブは演者と、お客さんと、我々、その場に関わっているすべての人で作り上げる物です)

 

この話をすると、大変な仕事だね。と苦い顔をされることが多くありましたが、その実めちゃくちゃに楽しい仕事でもあります。

 

新しい出会いを見つけたり。

素晴らしい景色を見せてもらったり。

各地で美味しいご飯を頂いたり。

 

大変な中、本気で取り組むからこそ、終えた時にはそれを超えた感動を得られるものです。

何かに本気になった事が無い方は、是非自分と向き合い、本気で取り組めることを探してみて下さい。

見つけられたのなら、それは必ずあなたの宝物になります。

 

 

…と、熱くなってしまったついでに私の写真フォルダーから数枚ご覧いただきましょう。

各地を回らせて頂いたころの写真です。

これはもうノマドワーカーでしょ。

 

続いてそんな中出会った美味しい物たち。

STAFF同士や、メンバーと等、色んな所へご飯を食べに行きました。

札幌ですね。

北海道には夜パフェ文化があり、打ち上げ後におっさんもパフェを頂きます。笑

 

これは、仙台。

牛タンも勿論いただくのですが、雲丹が格別。

ずんだシェイクは新幹線の待ち時間に。

名古屋はひつまぶししか勝たん。

 

広島。

牡蠣もお好み焼きも絶品です。

写真が無いけど雲丹法蓮なる物も最高。鉄板料理は広島一強です。

福岡。

もつ鍋も、長浜ラーメンも良いのですが、ここのイカはそれを凌ぎます。

鹿児島の黒豚。

豚カツなのに重くないし、とても甘いです。

沖縄はソーキそばと、那覇市のディープスポット栄町市場にある餃子屋。

 

 

数を絞って出しても 長くなっちゃいました。

仕事の思い出写真よりも、美味しいご飯の写真の方が多かったですね…

そんな仕事なんです、楽しそうでしょう?(雑)

 

最後にもう一度だけ言わせてください。

【何かに本気になった事が無い方は、是非自分と向き合い、本気で取り組めることを探してみて下さい。】

これは本当に大事な事です。

一生懸命やらないと一生懸命楽しめません。

 

心のまま僕はゆくのさ

誰も知る事のないあしたへ

 

…って、桜井さんが歌ってました。

 

大谷